骨盤MRI検査

骨盤MRI検査とは

子宮・卵巣を含む骨盤腔全体をMRI装置で撮影して画像診断を行います。

MRI検査で見つかる婦人科

婦人科腫瘍性疾患(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん・子宮筋腫・子宮腺筋症(内膜症)・卵巣腫瘍など)。但し、子宮がんを発見するには、子宮がん検診が第一選択になります。
ご家族に婦人科系のがんがいる方、妊娠出産を予定される方から閉経された方まで、幅広い年代に有用な検査ですが、特に以下の方にお勧めいたします。

[1] 月経困難症・原因不明の下腹部痛や違和感がある方
[2] 以下の婦人科系がんの危険因子があり気になっている方

卵巣がん
・家族歴
・出産経験がない
・肥満
・動物性脂肪の多量摂取
・排卵誘発剤の使用
・更年期障害などに対するホルモン補充療法

子宮頸がん
・不特定多数の相手と性交渉がある
・HPV(ヒトパピローマウィルス)に感染している
・低年齢での性体験
・喫煙

子宮体がん
・出産経験がない
・肥満
・高血圧
・糖尿病の既往がある
・生理不順
・閉経年齢が遅い
・体内のエストロゲンを高める治療をしている
・乳がんや大腸がんの家族歴がある

Copyright© 2017 ITクリニック All Rights Reserved.