MRI検査

MRI検査とは

強力な磁石でできた機械の中に入り、磁気の力を利用して身体の断面や血管を撮影する検査です。また、MRAとはMRI検査の一つで血管撮影のことです。CT検査とは違い造影剤を使わずに
血管のみを描出することが可能です。当診療所では3T(テスラ)のMRI装置を導入し、高精細の画像でより確かな検査・診断を行います。

                                       

 T(テスラ)とは

MRIのT(テスラ)とは、磁力の大きさを表す国際単位です。

現在、臨床で使用されているMRIは、0.2~3.0T(テスラ)まであり、その数値が大きいほど精度の高い画像を描出することが可能です。また、検査時間の短縮にも効果があります。

 

頭部MRI・MRA検査、頸部MRA検査について

SIEMENS  MAGNETOM Spectra  3T

SIEMENS MAGNETOM Spectra 3T

脳卒中の予防・早期発見に有効な検査です。

日本では年間に約12万人の方が脳卒中で亡くなって

おります。

頭部MRI検査では、脳梗塞の原因の血管の狭窄

(血管が細くなること)や、くも膜下出血の原因

ある動脈瘤の検査をし、まだ症状のない危険因子を

発見することを目的とした検査です。また、頸部MRAは、

脳梗塞の大きな原因となる頸動脈(心臓から脳へ

栄養や酸素を送る太い血管)の動脈硬化の程度が
わかります。

とくに頭痛やめまいなどの症状がある方は

頸動脈MRA検査の併用をお勧めいたします。

特にリスクの高い方は…

□高血圧である

□高脂血症である

□糖尿病である

□脈が乱れることがある

□肥満気味である

□お酒をたくさん飲む

□たばこを吸う

□運動不足である

□ストレスがたまっている

 □家族や親戚に脳卒中にかかった人がいる

 □ゆっくり休めない

 □完璧主義である

 □味付けの濃いものが好きである

 □脂っこいものが好きである

 □味見をせずに調味料をかけることが多い

 □果物を食べることが少ない

 □野菜をあまり食べない

 

厚生労働省「脳卒中ホームページ」

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/nousottyu/check.html

MRI検査の注意事項

 

MRI検査は、強い磁場の中で検査を行いますので以下のご注意が必要です。

次の事項が1つでも有る場合は、検査をご受診いただけません

例:人工内耳・体内自動除細動装置・体内神経刺激装置・深部脳刺激装置・骨成長刺激装置など

例:脳動脈瘤クリップ、脳室シャントチューブ、血管内ステント・コイル・フィルター、人工関節など

 ※入れ墨やタトゥーの塗料の中には金属が含まれているものがあり、色あせたり火傷を起こす可能性が
  あります。

 

次の事項に該当される方は、検査をご受診いただけない場合がございます。             

 ※事前に歯科医に材質をご確認ください。

 

以下の物は、検査室に持ち込めません。検査に影響がありますので可能な限りはずしていただきます

 ※カラーコンタクトレンズの着色材には金属を含むものがあり、着用したまま検査をすると発熱により角膜や
  眼球へ障害が生じる可能性があります。また、コンタクトレンズと眼の間にゴミが入っている場合もあります
  ので、はずして検査をお受け下さい。

 ※マスカラ・アイライン・アイブロウ・アイシャドウなど磁性体が含まれているものがあり、画像に影響が
  生じます。また、目の粘膜等を傷つける可能性がありますので付けずに検査をお受け下さい。

Copyright© 2017 ITクリニック All Rights Reserved.