オプション検査内容

当診療所では、次のようなオプション検査また女性専用オプション検査を用意いたしております。
ご希望の方は、受付の際にお申し出ください。

平日に胃内視鏡検査(経鼻・経口選択可)を行っています。また水曜日は午後も実施しております。
胃内視鏡検査・女性専用オプション検査は予め電話予約をお願いいたします。

(契約先によってはコース内に含まれている場合や受診の制約のある場合があります。ご不明な点はお問い合わせください。)


≪推奨セットオプション検査≫

検査名称 検査説明 注記
胃内視鏡検査

食道、胃、十二指腸までの上部消化管を観察する検査です。
胃内視鏡検査は予め電話予約をお願いいたします。
※局所麻酔のみで静脈内全身麻酔は行っておりません。
肺がん検査特別セット 胸部CTに肺がん腫瘍マーカーをセットした、お得な特別オプション
検査。
がん検査5項目セット
(男性用)
大腸/肝臓/膵臓/前立腺/肺がんを網羅する男性向け検査。 *1&2
がん検査5項目セット
(女性用)
大腸/膵臓/卵巣/肺/乳がんを網羅する女性向け検査。



CEA 広範囲な腫瘍マーカー。消化管(胃/大腸/膵臓)、乳腺、肺、
卵巣などの腺がんで高い陽性率を示す。
AFP
(αフェトプロテイン)
肝細胞がんの腫瘍マーカー。胎児の肝細胞で産生される蛋白質で成人は殆ど存在せず肝細胞がんで高値を示す。 *1
PIVKAⅡ 肝細胞がんの腫瘍マーカー。APFが上昇していない肝細胞がんでも陽性となる場合がある。 *3
CA19-9 膵臓がん、胆道(胆嚢、胆管)がんの腫瘍マーカー。
その他として、胃・大腸・卵巣などのがんでも上昇する。
エラスターゼ1 膵がんの早期発見に有用。膵炎を伴う早期の膵がんにおいて高値を
示す。
CA125 卵巣がんの腫瘍マーカー。卵巣がんで高値を示すが、妊娠中や
生理中及び直後は正常でも上昇する。
*4
CYFRA 肺がんの腫瘍マーカー。特に扁平上皮がんで高い陽性率を示す。
CA15-3 乳がんで上昇する。卵巣がんでも上昇する場合がある。
PSA 前立腺がんの腫瘍マーカー。前立腺がんで高値を示し、前立腺
肥大症でも軽度上昇傾向がある。
*2
尿中NMP22 膀胱がんをはじめとする尿路上皮がんの腫瘍マーカー。膀胱/
腎盂/尿管がん等の発見に有用。

≪注記≫

*1 AFPは肺がんのほか、睾丸腫瘍でも上昇します。
*2 アボルブまたはプロペシアを内服しますとPSAが低下します。内服中の方は担当医師とご相談ください。
*3 抗擬固薬のワーファリンを内服している方は、PIVKAⅡ の値が上昇しますので測定はお勧め
   できません。
*4 CA125は妊娠中や生理初日から約10日間は数値が高くでることがありますので、
   その期間はお勧めできません。

 

甲状腺総合検査
4項目セット
動脈硬化の原因となる甲状腺機能(低下症)を調べるとともに、甲状腺腫瘍の発見に有用。



TSH 脳下垂体から分泌され、甲状腺を刺激するホルモンで、甲状腺機能低下症の時に上昇する。
FT3 FT3、FT4ともに、甲状腺から分泌される血液中の(甲状腺)ホルモンの量をあらわす。
FT4
サイログロブリン 甲状腺で作る蛋白質で、甲状腺腫瘍や甲状腺炎などがあると上昇する。
動脈硬化検査
3項目セット
LOX-index、高感度CRP、アディポネクチンの説明は≪個別オプション検査≫記載のとおり。
*6&★
動脈硬化検査
3項目セット
+頸動脈超音波検査
要予約 上記に加え、超音波で頸動脈の状態を観察し、脳梗塞や虚血性
心疾患に対するリスクを評価。
*6&★

≪個別オプション検査≫

検査名称 検査説明
注記
骨密度測定 骨粗鬆症の予防・早期発見に有用。
*5
喀痰検査 肺がんのスクリーニング検査で、特に喫煙されている方にはお勧めの検査。
高感度CRP 心筋梗塞や脳血管障害等の予測に有用。動脈硬化が強い方は上昇。
*6
ヘリコバクター
ピロリ菌検査
慢性胃炎からがんが発生する可能性が高いピロリ菌の感染検査。
*7
C型肝炎 肝炎ウイルスの一つであるC型肝炎ウイルス(HCV)の抗体を測定して感染の有無を調べる。
アディポネクチン 脂肪細胞から分泌されるホルモンで、これが多いと動脈硬化の進行を抑える。
頸動脈超音波検査 要予約 超音波で頸動脈を観察し動脈硬化の有無を調べる。高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、肥満と言われた方、喫煙される方にお勧めの検査。
LOX-index LDL中の酸化LDLと、その受容体であるLOX-1を測定し、
脳・心筋梗塞の発症リスクを予測する。
アレルギー検査
(36種類)
吸入性(花粉・ダニなど)や食餌性(大豆・エビなど)についての
36種類を検査。

≪注記≫

*5 X線を使用しますので、妊娠中・妊娠の可能性がある方には骨密度測定検査は行っておりません。
*6 風邪をひいてる場合や虫歯が痛む場合などはお勧めできません。
*7 成人では新たに感染しないので毎年検査する必要はありません。ピロリ菌除去療法後の効果判定は
   この血液検査ではできません。
★ 添付「脳梗塞・心筋梗塞マーカー(Lox-index)について」をご参照ください。なお、「Lox-index」は
  日本人を対象として開発された検査ですので予めご了承ください。

 

 

女性専用オプション検査

女性専用オプション検査は予め電話予約をお願いいたします。尚、生理中の方は、子宮がん検診をご受診出来ません。ご希望の方は健診日程の変更をお願いいたします。
(契約先によってはコース内に含まれている場合があります。ご不明な点はお問い合わせください。)
電話番号 :03-3501-5567

> 女性専用オプション検査詳細ページへ

検査名称 検査説明
注記
マンモグラフィ検査

特に40歳以上の方にお勧めの検査。
*8
乳房超音波検査 若年の方、乳房の圧迫に耐えられない方、頻繁に検査をする
必要がある方にお勧めの検査。
マンモグラフィ、乳房超音波検査 乳がんの発見率が高いとされることから、併用をお勧めして
おります。
内診・子宮細胞診検査 子宮や膣の状態をみての内診と、子宮頸部から細胞を採って
子宮頸がんの有無を調べる。
*9

 

※次の検査は、上記の「内診・子宮細胞診検査」を実施した上で、さらに詳しく調べる検査です。
内診・子宮細胞診検査」を実施せず、つぎの項目だけのご受診はお勧めできません。
なお、直近で「内診・子宮細胞診検査」を受診されている場合には、その旨をお申し出ください。

HPV検査

婦人科診察時の子宮頸部細胞診の検体を使って、
ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を調べる検査。
経膣超音波検査 婦人科診察時に膣から超音波検査を行うことで、子宮や卵巣をさらに詳しく調べる。

≪注記≫

*8 妊娠中・授乳中・断乳後6ケ月以内の方は、ご予約の際に必ずお申し出ください。
また、予約状況により、ご予約を承れない場合がございます。
マンモグラフィ検査では豊胸術後・ペースメーカー植え込み後・水頭症シャント術後・妊娠中・妊娠の可能性がある方には、検査を行っておりません。圧迫の際に多少痛みや皮膚の赤みを伴うことがあります。生理前はホルモンの影響で乳房が張ることがあるため、生理終了後2~3日以降にお受けいただくことをお勧めします。血縁に乳がんになった人がいる方、乳腺の病気と診断されたことがある方、発症のピークである40歳代以降の方などにお奨めします。
*9 生理中の方は検査を行っておりません。ご希望の方は健診日程の変更をお願いします。

帝国ホテル人間ドックの予約はこちら
Copyright© 2017 ITクリニック All Rights Reserved.