CT検査とは

X線を利用して身体のあらゆる部位の断層像を撮影する検査です。当診療所の64列マルチスライスCT装置は、高速撮影⁽5~8秒)で低線量撮影においても最高の画質が得られるため、高い診断能力と被ばくの低減を実現し、安心して検査をご受診いただけます。検査時間は3分程度です。

肺がん画像

胸部CT検査について

肺がんの早期発見に有効な検査です。

日本人の死因の第1位は悪性新生物(がん)です。その中でも肺がんは、男性では1番、女性でも2番目に高い死亡率となっています。肺の病気で最も怖いものは肺がんですが、転移のない20mm以下の肺がんの約90%は治癒可能といわれております。胸部CT検査では、数mmのがんの検出が可能であり、早期肺がんCT検査をしなければ発見できません。また、男性の死因で第8位の慢性閉塞性肺疾患(COPD)も、症状が出る前の軽度な状態から診断が可能です。

肺がんの危険因子

  • 55歳以上の方
  • 喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)400以上の方
  • 年間30箱以上の喫煙歴がある方
  • 禁煙後15年以内の方
  • 家系に肺がんの多い方
  • 咳や痰が出やすい方
  • 受動喫煙の機会が多い方

注意事項

次のような方は胸部CT検査を受けられません。

・妊娠または妊娠の可能性がある方
・心臓ペースメーカーを使用されている方
・胸部に手術歴があり
 ワイヤー固定されている方
・脊椎固定具がある方(側弯症など)

SIEMENS SOMATOM Perspective(Multi slice CT64スライス)

内臓脂肪検査

内臓脂肪検査とは

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の早期発見に有効な検査で、CTで撮影した腹部の画像から、皮下脂肪と内臓脂肪の面積と体積を計測する検査です。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積(内臓脂肪面積が100㎠以上)に加えて、高血圧・高血糖・高脂血症のいずれかを2つ以上合併した状態を指し、動脈硬化性疾患の発生リスクが高まるといわれています。この動脈硬化性疾患が進行すると、脳卒中や心疾患(心筋梗塞)、糖尿病合併症(人工透析・失明)など、命にかかわる病気の危険性が高くなります。

注意事項

CT1

次のような方は検査を受けられません。

・妊娠または妊娠の可能性がある方
・腰椎に脊椎固定具がある方